業者が行なう撃退法

女の人

イタチや多くの野生動物は、鳥獣保護法によって守られているので許可無く個人で撃退法を図ることはできません。個人で行なえる対策としては、住宅周辺にイタチが寄り付かないように薬剤を散布したり、柵を作ったりという方法があるでしょう。その対策をとることによって、効果的にイタチが寄り付く可能性を低められますが、一度住宅に住み着いてしまったイタチを撃退することは難しいものだとされています。イタチの多くが、住宅の天井裏を好んでおり、狭い箇所故に動きの激しいイタチを捕まえることは、例え捕獲許可があったとしても難しいものでしょう。有効的にイタチを生活の中から撃退するには、プロの駆除業者へ依頼し、その存在が二度と戻ってこないよう引き取ってもらうことが大切です。

イタチの存在は、農家や一般住民にとって厄介なものだと言えるでしょう。撃退する為の駆除業者は、効率よく撃退する為に現地調査を行ない、もたらされている被害の大きさを確認してから、その大きさに適した駆除作業をとります。イタチが住宅へ忍び込んだ侵入経路を発見し、その経路を完全に塞ぎ、住宅内に忌避剤を焚くのです。忌避剤はイタチにとって害のあるもので、呼吸が苦しくなることから住宅の外へ出ざるを得なくなるでしょう。一つの出口のみを開放することで、待ち構えた駆除業者がイタチを捕獲します。イタチを捕獲する者は事前に許可を得ているものなので、鳥獣保護法に違反することなくスムーズに作業を完了させることができます。再発防止として、住宅周辺にはイタチが寄り付かない薬剤が散布されるでしょう。